ブローボトルの印刷工程

通常の成形品では、シルク印刷やパッド印刷と言う工程ですが、ブローボトルの側面に印刷するには、
ボトル自体を回転させて印刷します。もちろんブレや動きが有れば印刷文字や柄に滲みやカスレと
言う症状が発生してしまい、不良品となってしまいます。
サンプルワークを完全に固定して、正確に印刷する為にも”治具が必要となります。
男性用化粧品やサプリメントが流行り、ブローボトルのデザインや品数も多くなり
業界は忙しくて協力工場を探してもなかなか見つからないとか!?。

真鍮ローレットの熱圧入装置

基盤プレートの固定用のローレットを熱圧入する作業工程の装置です。
作業者は、プレートにローレットをSETして作動スイッチを操作するだけ。
あとは、装置が下降・熱圧入作業をして組み立てて行きます。
単品作業ならハンダやドリルスタンドなどでも可能ですが、本数が多くなると
作業内容も複雑になり、精度も要求されるので装置化するのがお勧めです。

男性用化粧品の商品

コンビニでも商品棚に多く並ぶ”男性用化粧品”の容器となります。
女性用に関わらず、化粧品容器やアプリメント用の容器も色々なデザインが
発売されて、ボトルの側面やキャップなどにシルク印刷の技術で
綺麗に印刷されていきます。
また、キャップ上面にはホットスタンプと言う箔押し技術での加飾で
商品化されていきます。

ボトルの側面に印刷する際には、軽く手で押してみて柔らかな厚みだと
スムーズな印刷が出来ないので、空気を入れて軽く膨らませた状態で
加飾されて商品化されていきます。

最近よくある強化ガラスへの印刷

スマホや携帯、あらゆる商品に取り付けられる強化ガラスの加工に使用されるパーツです。
アルミの部材に傷防止のゴム製のシートを張り付け、バキュームで引っ張りながら
2次加工の工程に使用されます。
その後、PAD印刷やシルク印刷を経て完成品となって組立ラインに向かいます。

プラスチック成型の金型

プラスチックのインジェクション成型時に、金属シャフトをSETしての成型が有ります。

何十秒かの成型時間を経て、金型解放してパーツを抜き取り、金属シャフトを手作業で

抜き取る工程での引き抜き作業用治具です。熱が抜けて温度が下がれば引き抜きにくく

なって現場作業も大変です。

そこで、出来るだけコンパクトな構造にした引き抜き冶具の登場です。

この様な降オリジナルな商品は、製造メーカーや組立工場によって全く違った物になるので、

現場の要求をリアルに受け止めて、形にするのがプロの治具屋の仕事となります。

現場作業の改善にも繋がり、担当者からは楽に作業が出来るようになったと喜ばれました。

パーツをカットする工程の治具

組み立ての会社での作業風景で、ニッパでの手作業でパーツをカットされているのを

見させて頂いて、改めて作業の改善を提案させて頂きました。

まずは、ポンチ絵での提案をさせて頂いて、要望や改良点をピックアップ。

試作を重ねて、仮冶具でのパーツを提供させて頂いていざ量産治具の製作。

現場のパートさんにも大いに喜んで頂いて、”三方良し”の結果となりました。

 

オリジナルな図柄のボールペンを製作する。

自身の趣味や、会社での記念品などにオリジナルな図柄のボールペンが製作できます。
印刷方法はPAD印刷と言う方法ですが、当社で希望のボールペンに合わせた受治具を
製作して、PAD印刷の印刷機械を駆使しておられる会社で、印刷加工をする方法です。