ネジを締めて組み立てる作業

通常、作業台の上で組み立て作業をする事は多いのですが、そこで”治具”を使用する事で

組み立てするだけではなく、両側面のネジを締める作業やシールを貼る作業も1台の

治具で可能となります。

このような治具が有れば、流れ作業で作業員が3人必要な工程も、一人の作業者で

行うことも出来るのです。

現場作業の当たり前は、プロの治具職人にとっては非日常なのです。

人を募集してもあまり集まらないこの時期、現場作業の当たり前を見直してみませんか?。

水筒容器の側面転写

最近、マイ水筒を持参しての行動をする方が多くなってきました。

側面に加飾をする作業には、ボトルを回転させてのシルク印刷の方法と

やはり同じく回転させて、絵柄のプリントがされているフィルムシートを

熱をかけながら押し当ててするロール転写と言う方法が有ります。

2色以上の絵柄の場合には、やはりシートを熱転写する方が効率よく

仕上がる傾向ですね。

 

整列治具

数量を合わせながら、決まったケースに並べて作業するための治具です。

手作業での作業となるため、パートさんの目視での検査も兼ねていましたが、

数量を合した形状とサイズにして置くことで、ヒューマンエラーが限りなく

減らすことが可能となります。

単純な作業内容の様ですが、こんな所に工夫が有れば作業も軽減できますね。

ゲートカット装置について

ゲートカット装置

製造現場の人手不足の解消にも繋がる、製造現場用の省力化装置となります。

複数の作業員でゲートのカット作業をしていた現場で、このゲートカット装置で

作業をする事により、余った人数のパートさんを他の仕事に付いていただけます。

また、正確なカット作業をする事で品質の管理にも役に立ち、ヒューマンエラーを

未然に防ぐことにも役立つのです。

 

布製バックへの印刷

消費税のUPや、エコブームに乗っての布製バックへの印刷が増えてきています。
コンビニやスーパーでもビニール製の袋を敬遠する傾向が有り、マイバックとしての位置付けでしょう。
バックの側面に、図柄や会社名などを印刷して販促品にしてみたり、商品として販売する事も。
廃プラスチックの処理も手伝ってか、少しずつ増える傾向です。

アニール治具

成型品は、必ずしも図面やデーター通りは作る事は出来ないもの。
そこで、成形した後にアニールをする事によって、微妙な矯正が可能です。
嵌め込んだり、ハンドバイスで押さえたりする事で、データーに近い
成型品に矯正する事が出来る治具です。

シールを貼る為の治具

容器関係の印刷の仕事が増えつつ有り、その関係か印刷されたシールを貼る治具の製作が増えています。
位置ずれや斜めに貼る事の無いように、シール貼り治具がその精度を高める役に立っています。
ワークを先にSETするタイプや、シールを治具にSETしてからワークを置きに行くタイプと
色んなパターンが有りますが、重要なのはシールの厚みと粘度の確認です。
シールを剥がしに行くと、どうしても手に付いたりするので作業性も考慮しないと良い冶具にはなりません。
そこは、やはりプロの治具屋にアドバイスさせて下さい。
その効果は絶大です!。

ゲージの製作

現場作業で使用するゲージの製作です。
片手でサンプルワークにあてがって良品かどうかの見極めをします。
少しでも不良率現場作業で使用するゲージの製作です。
片手でサンプルワークにあてがって良品かどうかの見極めをします。
少しでも不良率を下げて、自社ブランドの確率化を向上するためのアイテムです。を下げて、自社ブランドの確率化を向上するためのアイテムです。

Z方向も決まります。

パーツに穴あけ加工をする治具装置となります。
リニアガイドの上に受治具を乗せて、モーター側に押し当てると穴加工が仕上がります。
現場のパート作業者の方が、入れ替わっても同じ商品が同じ仕様で仕上がる内容です。
もちろんモーターと刃物の回転数も、調整可能なのでスピードもUP!.
他の穴あけ加工にも転用出来るので、汎用性も高いですね。