エアシリンダーでの保護シート

透明なプレートに、保護シートをエアシリンダーの押し圧力で貼り付ける装置治具となります。

通常、パートさんが一枚ずつ手作業で貼り付け作業をされる事が多いですが、その際に空気が

プレートと保護シートの間に入り込んでしまう事が有ります。

この空気の跡が、透明プレートに痕跡として残ってしまい、エンドユーザー様からクレームとして

意見を頂戴してしまいます。

この装置を使用すれば、圧力でエアーを押し出しながら保護シートを貼る事が出来るので、

透明プレートにエアーの跡が残らずに作業する事が可能です。

クオリティの高いMADE IN JAPANだからこそ、こんな部分にも最新の注意がはらわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です