成形品の反りを矯正する。

プラスチックの成型工程では、よく反りが発生する事が有ります。

成形条件で修正する事も可能ですが、複合材料名地の場合にはなかなか言う事を

聞きません。

その為に、成型した直後に熱が残っている間に矯正治具にSETして一定の時間、

そのままの状態で矯正作業をすると、ほぼ図面通りのサイズに矯正する事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です