成型品の中から金属シャフトを引き抜きます。

プラスチックの成型時に、金型の中に金属を入れた状態で成型される作業工程が有ります。
成型して取り出した後、作業員の方が両手で引き抜いたりしていますが、作業が遅くなると
樹脂が冷めて引き抜きにくくなる事が有ります。
そこで、治具の登場です。
作業員の方が、多少時間が掛かってもサンプルワークを固定して、ハンドバイスで金属シャフトを
テコの原理で引き抜いてしまいます。

ただ、組み立てるや嵌め込むだけではなく、引き抜く作業も治具化すれば現場作業の軽減となります。
工場や身の回りの作業で困っておられませんか??。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です