アニール治具(反りを矯正する治具)

プラスチックは成型しり時期や気温によってその大きさが変化します。
それに伴って、反りやねじれが出たり2次加工の前に出来るだけ図面通りのサイズに戻さなくてはいけません。
一定の圧力をかけて、成形品を押し付けて(逆反り)作業が出来る治具を、矯正治具といいます。
成型条件を変えて整えられれば良いのですが、矯正治具を使用する事により手軽に正しい形に出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です